キャリア

商社に就職するために必要な英語力とは?TOEIC点数は?

こんにちは。よーく(Twitter)です。

商社マンと言えば、英語をはじめとし外国語を駆使して、世界中のビジネスマンを相手にビジネスを展開していくイメージが世間的にはあると思います。

そのため、就活生から「TOEIC〇〇点ですが大丈夫ですか?」などの質問を多くもらいます。転職希望者からも英語に関する質問は必ず受けます。

そこで今回は、商社における英語事情についてお話します。

この記事を読んで理解できること

・商社業務において英語を使う機会の実態
・もし語学力がないと、どうなるか
・採用段階でどこまで英語力を問われるか

では上記について順番に話していきます。

業務における英語を使う機会

ここでは、商社の業務にいて、英語を使う機会はどのくらいあるのかについてお話します。

結論から言うと、環境次第、所属する組織のビジネス次第です。

国内商売をする組織では基本的に日本語オンリーです(仕入先が海外の場合は英語を使う機会あり)。

英語で接する相手として想定できるのは主に以下の通りです。

・仕入先・売先・合弁パートナー・海外店現地スタッフ・外部機関(コンサル、弁護士、会計士など)

※東京本社内はもちろん日本語です。

環境次第とは言いましたが、基本的には英語を使う機会は多いです。大手になるほど、売り上げのほとんどを海外との取引で稼いでいるため、取引は基本的に英語を使って進めます

個人的な感覚ですが、入社以来、英語を全く使ったことがない人は商社にはいないと思います。営業・コーポレートを問わず。

英語力はどこまで必要?英語に自信がなくても大丈夫?

上記の通り、商社にいる以上は英語を避けて通ることはできません。では、どの程度の英語力が求められるのでしょうか。

新聞に載るような大きなプロジェクトを主体的にやりたいならば、海外プレーヤーが絡んでくるので必ず英語が必要、それもネイティブレベルであるならその分望ましいです。

国内経済は今後も縮小傾向になることが考えられるので、今後はより一層海外と関わるプロジェクトが中心となります。ということは、英語が必ず必要です。

とは言え、M&A関連の契約交渉など複雑な内容だと、帰国子女でも苦戦します。活躍する商社マンを見ると、英語力が日常会話レベルの人もちらほらいます。そのような光景を見ると、「語学はあくまでもツールに過ぎない」と言われる意味を認識します。

そうは言っても、エース級の商社マンは、最低でも挨拶や接待などの対応はしっかりこなすことができ、読み・書きは問題ありません。

では、英語が全くできない場合はどうなると思いますか。

それは、英語を使う仕事が回されないだけです。英語を使わない部署への異動もありえます。クビになったり、それだけで人事評価を下げられることもありません。優しいですね。

会社によっては、TOEIC〇〇点をクリアしないと海外赴任不可、一定ランク以上の昇給不可などのルールがありますので、仮に英語が苦手でもTOEICスコアは早めにクリアしましょう!

もし、出世願望があるようなら、特に役員レベルを目指すならば、正直言うと国内案件の実績だけでは足りないと思います。役員を見てても、海外案件の成功体験がある人が多いです。この人と言えば、この案件!みたいな感じです。

加えて言うと、40代以上の世代は、最近の若者は基本的に英語がある程度できると思い込んでいるので、普通に英語の仕事を振られます。

英語がどのレベルまで必要か、及び苦手でも大丈夫か、については以上の通りです。これぞ商社!という仕事がしたいならば英語は必須です。また、英語を避けることも可能です。

とはいっても英語アレルギーがある次元ならば、商社には入らない方が自分のためだとは思います。

就職時はどの程度まで英語力が求められるか

これは就活生及び転職希望者から頻出の質問です。

当たり前ですが、ネイティブレベルに近いことに越したことはありません。

これだと身もふたもないので、現実的な話をします。

先ず、語学力の質問は必ずされると思っていいです。売上の大半が海外取引の組織なので当然ですね。その質問から語学力を図るわけですが、資格面・実運用面の2方面から判断することが一般的です。

資格面=TOEICスコアなど

実運用面=留学、海外生活歴、コンテスト系

また、面接官がどのような評価をするかは新卒採用と中途採用で異なると思います。

【新卒採用】
あくまでポテンシャル採用なので、現時点で英語力がなくても内定は取れる。今は英語力がなくても、これからキャッチアップすることを期待してくれる点が新卒採用の特徴です。しかし、最近の商社に応募する学生は、語学堪能なケースが多いので、ESに英語の痕跡がないならば、ガクチカのインパクトやポテンシャルで勝負する必要があります。TOEICに関して言うと、900以上の応募者がゴロゴロいるので、800未満だと見劣りするのでそもそもESに書かないというやり方もありです。

【中途採用】
スキル・実績を以て内定可否を出す採用なので、海外との取引が主な組織としては、英語がビジネスレベルで運用できることは最低条件と考えるでしょう。もちろん応募部署にもよります。しかし、中途採用は即戦力であり、国内商売の部署に配属されたとしても、海外商売を自ら開発し、そして自ら駐在する人材を獲りたいと考えるものです。そのため、英語はマストと言ってもよいでしょう。

ちなみに、私はTOEIC未受験、非帰国、留学経験なしという語学ステータスでしたが、無事に商社に入社しているので、皆さんにも当たり前のようにチャンスあります

本稿の内容は以上です。ここまで読んでいただき、「わかった!取り合えず英語の勉強を始めよう」と思った方もいるのではないでしょうか。語学の勉強は地道にやる以外ありませんが、効率も大事です。私なりの勉強方法を以下に書きましたので、どうぞ!

>>>【商社マン流】おすすめの英語の勉強方法【簡単です】

さいごに

以上、商社における英語事情について説明してきました。

「英語を避けることはできる」という点は意外ではなかったでしょうか。

しかし、商社は海外との取引で規模を拡大しているので、商社でバリバリ働くならば英語を避けることはできません。

語学の勉強法についてはこちらをご参考下さい。0から半年で中国語を日常会話堪能レベルまで伸ばした私の体験談から書きました。もちろんどの言語に対しても通用する方法です。

>>>【商社マン直伝】妥協なしの語学勉強の方法【体験談】

最後までお読みいただきありがとうございました。
では、失礼します。

York