キャリア

【第一印象UPを狙う】新社会人が揃えるべきアイテム【男性向け】

今回は、新社会人が揃えるべきアイテムについて、アイテムを買う上での注意点とおススメの買い方をご紹介します。

Twitterにて時々発信するファッション系のTweetは比較的インプレッションがつくので、こちらでも少しは参考になるような情報をお届けできると感じています。

私はスーツなどのアイテムを買う際、周囲にどのような印象を与えたいかの発想からスタートし、程よいコスト感で最大限の効果を発揮できるアイテムを選んでいます。

では、順に見ていきましょう!

ビジネスファッションに気を使うべき理由

社会人になる前に揃えなければならないアイテムは結構多いので、痛い出費ですよね。しかし、安さ重視で適当に選んでしまうのは勿体ないです。

なぜなら、スーツを始めとした全てのビジネスアイテムは、第一印象に大きな影響を与えるからです。ご認識の通りだと思いますが、第一印象はかなり大事です。丁寧に作り上げることに限ります。

スマートな着こなしやセンスのある小物使いができると、第一印象を良く見せることができます。第一印象が良いと、頼りがいがあるように見えますので、仕事の成約率UPにも繋がります。簡単に言うと、仕事ができそうに見えるのです
※実際に仕事ができる人ほど、ビジネスファッションには気を使っています。

脱線しますが、退社後のデートや合コンのシーンを例にとってみても、ビジネスファッションがしっかりしている人ほどモテます。やはりスマートに見せることは非常に重要です。

ビジネスファッションがダサいと、どういう印象を与えてしまうかは言うまでもありませんね。ビジネスシーンだと、仕事ができなさそうに見えます。デートや合コンの場だと、イケメンだったとしても、かっこ悪く見えてしまいます。「センスが良い」よりも「センスが悪い」方が人の目に付くので、気を遣いたいところです。

以上からお分かりの通り、第一印象に大きな印象を与えるので、ビジネスアイテムの選択は慎重に行うに限るのです。

ビジネスアイテムの選び方(大前提)

では、どのようにビジネスアイテムを選んでいけばよいのでしょうか。具体的なアイテムをお教えする前に、選ぶ上で大事な意識をお伝えします。これをしっかり理解しておけば自己流で選んでも問題ないです。

ビジネスアイテムを選ぶ際の大事な意識は2つあります。

①対他人への意識」と「②対自分での意識」です。

具体的な意識ポイントは以下の通りです。

①対相手:スマートに見せる・センスの良さを感じさせる

②対自分:飽きないアイテムかどうか・長持ちする・コスパは良いか

其々簡単に補足すると、①はいかに客観的目線に立てるかが重要となってきます。それには感覚を磨くしかありません。基本は街中で仕事できるオーラが出ている方を観察しまくって知見を溜めましょう。雑誌から勉強するのもいいですが、雑誌は売りたいアイテムを掲載することが目的なので、スナップのページを主に参考にしましょう。

②については、飽きないアイテムを選ぶことが最も大事です。なので、シンプルなデザインと色を選ぶとよいでしょう。実際、シンプルイズベストだと思います。そして、使えば使う程に味が出てくるアイテムがベストです。コストは安すぎず、高すぎずが良いです。

以上を踏まえ、次章よりアイテム別にみていきましょう。

具体的なアイテム

この章で解説するビジネスアイテムは次の通りです。

スーツ・ワイシャツ・ネクタイ・革靴・通勤カバン・名刺入れ・時計

順番に見ていきましょう!

スーツ

スーツ選びで大事なことは、サイズ感と色です。

そして最も大事なことは、「ジャストサイズであること」です。むしろ、これさえできていれば、どこで買っても、どんな色のスーツを買ってもそこそこスマートに見える程です。

ですので、1着くらいはオーダーメイドのスーツを購入してみることをおすすめします。最初ですので3万~5万くらいで作れるお店が良いと思います。これより安い値段でもオーダースーツが作れるかもしれませんが、同価格帯の既製品よりも品質が落ちることになるのでおすすめしません。

色はスタンダードな濃紺か黒にしましょう。

既製品はというと、試着をしてみれば直ぐにわかりますが、どこかしらジャストフィットにならない箇所が発生します。私の場合で言うと、ジャケットの肩幅はぴったりだが袖が長いとか、ウエストはぴったりだが尻回りがきついなどです。

ワイシャツ

スーツ同様に、ジャストサイズであることが最も重要になります。しかし、ジャストサイズ過ぎても疲れるので、スーツと違いずっと着ていることから、少しゆとりを持たせても良いと思います。いずれにせよ、スタイリッシュに見せるシルエットを心掛けてください。

既製品ならば鎌倉シャツがおすすめです。5000円の割にはサイズの選択肢が細かく、品質もよいです。

オーダーも試してみましょう。探せば1着5000円でオーダー可能なお店もあります。私は6000円弱でオーダーができるお店で作ってます。

ワイシャツは素材の質がわかりにくいので、サイズ感いのちです!

色は白と淡いブルーを先ずは買いましょう。ポケットはない方がオシャレです。

ネクタイ

ネクタイは、連日同じものを付けないように気をつけましょう。平日分の計5本もしくは4本程度買っておくとよいでしょう。スーツカンパニーなどの量販店で売っている3000円程度のものでもカッコいいものが手に入ります。私も3000円程度のネクタイが多いですが、周囲の方から「センスあるね!」という言葉を結構もらえています。

ネクタイを選ぶポイントは、色・柄(デザイン)・素材です。最初は無難なものを買うことをおすすめします。お勧めカラーはネイビーです。とくに無地のネイビーは超鉄板なので必ず1つ持ってきましょう。

 

革靴

3万円~5万円くらいのものが最もコスパが良いので、その価格帯のものを先ずは2足買いましょう。

5万以上のものは、価格上昇の割には品質はそこまで上がらず、10万を超えるともはや趣味の世界だと感じるので、革靴が好きというわけではない限り3~5万のもので十分だと思います。

お勧めのブランドは「RAYMAR」「SCOTCH GRAIN」「JALAN SRIWIJAYA」です。

上記Tweetは14万以上のインプレッションを記録しているので、これら革靴ブランドへの注目度が高いことが伺えますね。

上質な革靴は、履くたびに革が良い味を出していきます。もちろん、定期的な手入れが必要です。形を保つためのシューキーパーやブラッシングを欠かさないようにしましょう。


通勤カバン

通勤カバンは、頻繁に買い替えるものではないため、そこそこしっかりしたものを買った方がいいです。

しかし、他のアイテムよりも購入の優先度は低めです。なぜなら移動中にしか使わないからです。なので、お金がたまるまで就活カバンを使っていてもよいと思います。

購入する時は、手提げのブリーフケースとリュックタイプで迷うと思います。これは好みの問題なのでどちらでもいいです。

いずれにせよ5万円程度のブランドものを買っておけば間違いないと思います。
外さない王道ブランドは次の通りです。

TUMI、ブリーフィング、サムソナイト、フェリージ、ポーター、ペッレモルビダ

ブリーフケースにする場合は、ごつごつしていないものを選びましょう。

リュックタイプの選び方は、以前のTweetが参考になると思うので以下をご覧ください。

名刺入れ

名刺入れは他のアイテムと比べ、買い替えることがほとんどなく、またそこまで高価でもないので、半一生ものを買うことをおすすめします。

選ぶポイントは以下の2つ。

①飽きないシンプルなデザイン及び色
②使い込むごとに艶が出る革

このようなものは2万そこそこ出せば手に入ります。以下がご参考です。

 

時計

最後に時計です。時計はそもそも付ける派、付けない派に分かれるかと思います。ですが、オシャレを演出させるためには付けた方が良いです。

さて、どんなスーツにも似合うのがシルバーの時計です。どんな色のスーツにも合いますね。次に使いやすいのが、黒い革ベルトにシルバーパネルの時計です。この場合は、靴とベルトも黒色に統一しましょう。

最近は、老若男女問わずスマートウォッチをする人が増えていますが、考え方は基本的に同じです。シルバーベルトが第一、次点で黒ベルトです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
揃えなければいけないビジネスアイテムは結構ありますが、基本的には①ジャストサイズ②シンプルなデザイン、これら2点を満たすものを買っておけば間違いないです。

また、「通勤カバン」「革靴」「名刺入れ」をチェックしに行くなら、東京都になりますが、「新宿の伊勢丹メンズ」もしくは「有楽町の阪急メンズ館」がおすすめです。

ご質問などありましたら、以下のコメント欄もしくはTwitterのDMにてお願いいたします!
Twitter:https://twitter.com/___York___

York