JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
キャリア

永遠の課題である「やりたいことはなにか」を見つけるための3つのポイント

若手商社マンのYorkです。

さて、いきなりですが、みなさんは次のような問いに向かい合ったことがあることと思います。

面接官
面接官
やりたいことはなんですか?

今回のこの永遠の課題について考えていきます。

この問いと向き合うポイント

多くの日本人にとって、この問いに出会うのは大学3年生後期から本格的にはじまる就職活動かと思います。
就活が始まる前に、真剣に考えたことがある方はかなり少ないのではないでしょうか。(私もその一人です)

就活時に問われる鉄板質問のため、学生は真剣に考えて回答を出そうとしますが、これまで生きてきた20数年の振り返り及び今後の長い人生を考える必要があるため、就活の時点では自分の中で腹落ちする回答を導き出すことは簡単ではありません。一流企業内定という目標が先行してしまい、それに擦り合わせるかたちで自分の考えを多少なり曲げる現象が起きがちなのも就活ならではです。

しかも、「やりたいことはなんですか?」というこの問いとは就職後も付き合うこととなり、いや、就職後の方が更に真剣にかつ現実的に考えることとなります。
極端な話、生涯を通して自分に問い続けることとなるかもしれません。

しかし、一度きりの人生を幸せなものにするためにも、「やりたいことはなんですか?」と定期的に自問自答することが大事なのではないかと思います。
就活、転職、結婚、出産という、人生を左右するライフイベント時にのみ自問自答するのではなく、何気ない日々の生活の中でも考えることで、自身の思考と感情をアップデートすることができ、そうすることで人生における幸福度の最大化が図れるのではないでしょうか。

では、「やりたいことはなんですか」というこの問いへ対し、どのように考えていけばよいのでしょうか。
下記3つのポイントから考えていくことで徐々に明確になっていくことと思います。

その前に大切にしておきたい前提条件が3つあります。特に1はとても大事です!!

自分の本音に嘘をつかない
情報社会の発展により様々な情報が日々入ってきますが、惑わされることなく自分の本音を大事にしてください。周囲から入る嘘か誠がわからない情報は参考程度までに聞いておいて、自分だけには嘘をつかないようにして下さい。

第三者へ発信する(SNSやブログでも可)
手段は問わないので、とにかく思ったこと及び考えたことを第三者に発信する習慣をつけましょう。インターネット上での発信でもOKです。先ずアウトプットすることで自分の思考が整理されます。そして、第三者から、自分の思考をさらに整理するための意見をもらえることがあります。

定期的にまとまった時間を設けて思考と感情をアップデートする
週1でもいいですし、お風呂の中でもいいので、定期的に「やりたいことはなにか」に対する自身の思考と感情をアップデートすることをおすすめします。会社員をしていると日々の業務に追われ、自分と向き合う時間を意識的に確保する必要があります。

では、順番に見ていきましょう。
※ここでのやりたいことの定義ですが、あえて「こと=仕事」とはしません。仕事は人生における一つの事柄にしかすぎないので、広い意味で考えていきたいと思います。裏を返すと、やりたいことが仕事ではないという結果もありえます。

こうして考える3つのテクニック

やりたく「ない」ことを明確にする

やりたいことについて考えるのに、なぜ最初にやりたくないことから入るのか意味不明かと思います。しかし、これには理由があります。

それは、大多数の人はやりたいことよりもやりたくないことの方が多いからです。
しかもそれは比較的簡単に挙げやすいことが多いです。

例えば、「飛込み営業したくない」「営業ノルマある仕事したくない」「転勤したくない」など。また現代においては、「週5働きたくない」「毎日同じ場所で働きたくない」「脱サラ」などもありです。

日本はマウンティング社会なので、他人の目を気にして大事な意思決定をしてしまう方が多いですが、自分に本音に嘘をつかず、プライドは最低限保つ程度にして、心からやりたくないことを先ずは明確にしましょう。

お金の心配がない人生が保証されていたら何をするか

あなたの銀行口座に50兆円あったら何をして生きていきますか?
ちなみに2018年3月発表のフォーブス世界長者番付によると、アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEOが約11兆円と世界一の富豪となっているため、その約5倍です。

50兆円だろうと、100兆円だろうとどっちでもいいのですが、要はお金の心配がない時にあなたは何をして生きていきますか?ということです。

しばらくは何も考えずにゲーム三昧の生活をしたり、世界一周したりと娯楽に生きるでしょうが、こういった生活は意外とすぐに飽きるものです。

海外の大富豪からSNSで見られる上流階級まで、一定の資産基盤を築いた方々は何かしらのことをしています。彼・彼女らは人に何かをやらされているのでは決してなく、自分がやりたいことを全力でやっているのです。

日本人はお金の心配をしがちですが、そのことで新たなアクションが取れず現状に甘んじてしまうことがあるかと思います。

お金という概念を取っ払って考えれば、自分が本当にやりたいことは何かが明確になることでしょう。また、自分がやりたいことが明確になり、それに向かってアクションを取れば、お金もある程度ついてくるのではないでしょか。たとえ稼ぎが少なかったとしても、自分のやりたいことができているので、精神的な充足感は得られると思います。

好き・得意を大事にする

最後のポイントです。

人間だれしもが好きなこと、得意なことがあります。こういうことって何時間やり続けても苦ではないですし、他人に言われることなく自発的にやり始めると思います。

好きなこと得意なことは、自分の中では当たり前のことになってしまっており、意外と突き詰めて考えなかったりします。私たち人間が熟考することは、なぜかネガティブな事柄が多くなりがちなのです。

この機会に「好き」と「得意」を真剣に深堀して、自分のやりたいことを考えていきましょう。また、得意なことに関しては、自分では気づいていないこともあるので周囲の人に聞いたりしても良いかと思います。

以上、上記で紹介した3つのポイントについて網羅的に考えていけば、何かしらの道が見えてくるのでないかと思います。大事なことなので2回言いますが、「自分の本音に嘘をつかない」これが大事です。

また、上記3つのポイントの中では、最初に紹介した「やりたくないことを明確にする」が大事なのかなと思います。なぜなら、やりたくないことを避ければ、極論ですが不幸にはならないからです。なので、これだけはしっかりと明確にさせることをお勧めします。

番外編:就活時代の私の事例

最後に番外編ですが、私が就職活動時代に「やりたいことは何ですか」という問いにどのように向き合っていたかを以前noteで纏めましたのでこの機会に共有します。

『やりたくないことを明確にする』にとことん徹しました。結果、自分の納得のいく就職活動にすることができたので、私の体験は就活生の方々はもちろん、転職を検討されている方々にとっても少しは参考になるのではないかと思います。

まとめ

やりたいことの見つけ方

前提
自分に嘘をつかない
第三者にに発信する
定期的にアップデートする

  1. やりたくないことの明確化
  2. お金の心配がなかったら何をするか
  3. 好き・得意を大事にする

上記を意識すれば、何かしらの道筋が見えてくるのではないかと思います!

では、今回はこの辺で失礼します。

York