キャリア

【大学生向け】留年・休学中の過ごし方おすすめ3選【ギャップイヤー】

こんにちは。よーく(Twitter)です。

近年、ギャップイヤーを設ける学生が増えてきています。

半年から1,2年の間、大学の活動をストップさせて自分のやりたいことを過ごすギャップイヤーというものです。

ちなみに、私は1年間のギャップイヤー経験者です

やりたいことが明確でギャップイヤーを設ける学生が多いですが、一方で、何となく就活して何となく卒業後に就職するという一般的な大学生の進路を歩むのに違和感を覚え、とりあえず一度立ち止まり人生をゆっくり考えたいという想いからギャップイヤーを設ける学生も十分に多いと思います。

今は本当に色々な生き方を選択できる時代です。SNSを通じて個性豊かなライフスタイルを見ることができるようになったので、学生はますます真剣に自分の人生と向き合っているのではないでしょうか。このまま卒業後に即就職という進路でいいのだろうか、と自問自答する瞬間が訪れることでしょう。

何を隠そう私自身がまさにそのような学生でした。このまま就活するのは違うと感じ、特に具体的にやりたいことはありませんでしたが、気づいた時には1年間の休学届を提出していました。結果的に、ギャップイヤーを経て就活をしましたが、ギャップイヤーがあったからこそ今の私があると思っています。私はギャップイヤーについて考えることを全学生に提案したい。

今回は、ギャップイヤーの過ごし方について、学生向けにおすすめの過ごし方をいくつかご紹介します。もちろん具体的なプランがある方はそのまま突き進んでいってほしいですが、過ごし方に迷いがある方は是非参考にしてみてください。

ギャップイヤーを始めるに当たって

次章から順に解説していきます。どれか一つ選んでみて、先ずは最初の3か月間くらいは他のことは何も考えずにガチで取り組んでみてください。ギャップイヤー後の進路も考える必要はありません。

取り組む内に自然とギャップイヤー後の進路、卒業後の進路が見えてくると思います。もし、何も見えてこなかったら、とりあえず大手一流企業に入ることを目的とし、そのためのガクチカ作りだと思って引き続きガチで取り組んでください。就活は難なく乗り越えられるはずです。

また、ギャップイヤー後に就活をする場合、大半の学生よりも1学年経て就活をすることになりますが、特に就活には影響ないので不安にならずに突き進んでさい。その点に関し、以下の記事に私の体験を元にまとめましたのでお読みください。

>>>【就活】留年経験者の就活対策方法【影響なし】

①頭を使ってお金を稼ぐ経験(バイトはだめです)

自分の頭を使ってお金を稼ぐ経験をすることです。バイトなどの時間と労働力を売ってお金を稼ぐのはもちろん除外です。Laborではなくbusinessです。

では、なんでそんなことをする必要があるかと言いますと、端的に言うと人生を考えるいい経験になるからです。将来どのような仕事及び働き方がしたいのかは、実際に自ら考えてビジネスを回す経験をしたら自然とアイデアが出てくるものです。

おすすすめのビジネスモデル

ビジネスモデルを考えるコツに関しては、学生のメリットとデメリットを考え、上手くはまるビジネスをすることです。

メリット :時間がある、圧倒的に若い
デメリット:資金に限界あり、人脈が少ない
※平均的な学生を想定しています。

メリット・デメリットについては上記の通りです。これを元にビジネスを考えるわけですが、ビジネスモデルには勿論優劣があり、最強のビジネスモデルというものが存在します。実は、学生のメリット・デメリットを鑑みると、最強のビジネスモデルに上手くフィットさせることができるのです。その最強のビジネスモデルは以下の性質です。

  1. 在庫を持たない商売
  2. 少額資本が開始できる商売
  3. 定期的な収入が見込める商売
  4. 利益率の高い商売

これらを満たすビジネスはローリスク・無限リターンです。

ちなみにこれはホリエモンも提唱する効率の良いビジネスモデルの条件でもあります。

余談ですが、これは学生に限らず、全てのビジネスマンにおすすめの条件です。複数のビジネスを営んでいる方でも、上記条件をすべて満たすビジネスを最低一つは持っておくことが良いと思います。

ビジネスの作り方

では、具体的にどのビジネス領域が上記条件をすべて満たすかというと、インターネットです。今やスマホやパソコンさえあれば誰でもどこでもビジネスを始めることができます

インターネットを使うことで得られる収益は主に3種類ありますので、先ずはこちらを理解しましょう。

広告収入
こちらは鉄板収入です。ウェブサイトやYouTubeに出てくる広告です。閲覧数及びクリック数に応じた収入を得られます。絶え間ない閲覧数が必要にはなります。代表例:ブログ(アドセンス及びアフィリエイト)、YouTube

コンサル収入
インターネットを通じたコンサル受注です。分野は無限です。自分の得意分野を売りにすることができます。意外な特技が商売に繋がったりするので是非挑戦してみてください。代表例:SNSコンサル、SNS運用代行

ノウハウ販売
優位性のある情報やノウハウを、プラットフォームを通じて販売することです。情報にお金を払う文化が広まりつつあるので、潜在能力は高いです。代表例:note.mu

どれも今すぐ簡単に始められますが、コツコツと育てることが必要になります。続かない人が大半なので、大学生のメリットである時間を最大限活かして継続しましょう。ブログなら記事を量産する、SNSならフォロワー数を増やすなどです。参入障壁が低い分、競合も多いので、上手く差別化することが必要です。この経験からウェブマーケティングのスキルも身に付きます

お金を稼ぐには、お金の知識を付けることが大事です。これは誰も教えてくれず自分で勉強するしかありません。私が最近読んだお金に関する本でおすすすめの4冊を以下の記事で紹介しているので是非読んでみてください!

>>>マネーリテラシーを向上させる読書についてお勧め4選

参考:

少し元手が必要ですが、割と短期間でお金が稼げるのは転売(せどり)です。市場で成約した価格を参考に、それよりも安く仕入れられれば儲かるということになります。根気強くリサーチ活動を続ければある程度は稼げます。仕入れが命です。

②海外留学

海外留学も外せないギャップイヤーの過ごし方です。海外留学の目的は人それぞれではありますが、次の3つは必ず獲得したいところです。①現地の文化・習慣の理解、②広い視野の獲得、③語学

そのため、出来れば1年間の期間で行くことをおすすめします。行く場所は、英語圏か中国がおすすめです。語学のユーザーから考えるとこの2言語はあるに越したことはありません。

中国語を勉強することのメリットは、皆さんが思っている以上にあります。以下で記事にしましたので是非お読みください!

>>>【体験談】中国語を勉強することのメリット

海外留学に行くからには語学は何が何でも習得しましょう。そのためには、日本語を遮断して、現地の人との交流を増やしまくるしか方法はありません。1年間くらいできると思うので、強い意志を以て留学生活を送りましょう。語学勉強について纏めた記事は以下をお読みください。

>>>【商社マン直伝】妥協なしの語学勉強法

③ベンチャー企業での長期インターン

ベンチャー企業で働くとは

ギャップイヤーを活かして、一度働いてみることもおすすめです。ベンチャーの毎日は学生が想像する以上にめまぐるしく、まるで戦場のようですが、稼ぐ経験及びビジネス経験が圧倒的に積めます。

良くも悪くも、学生だからどうとか、そういうのは一切ありません。成果を出すような優秀な人にはしっかり報いてくれるのがベンチャーです。

ベンチャー企業の選び方

ベンチャー企業の選び方ですが、経営陣の理念に共感でき、人柄に惹かれた企業を選んでください。

働く環境はどうか、商材は何かももちろん大事ですが、ベンチャー企業は経営陣との距離が近く、経営陣の方針が変われば働き方も変わるので、経営陣重視で選ぶことをおすすめします。

大手企業からベンチャー企業へ転職する人を見ても、「何をするか」よりも「誰とするか」を選ぶことが多いです。

探し方は主に2つです!

webサイトから検索

今は非常に便利で、ベンチャー企業インターンの募集サイトがたくさんあります。以下のサイトは、私も学生時代に登録していたサイトです。数あるサイトの中でも信頼性・網羅性に優れており、登録しておく価値ありです

日本最大級の長期インターン求人メディア『キャリアバイト』

SNSからアプローチ(Twitter)

こちらは今風のリサーチ方法です。SNSというかTwitterですね。ビジネスマンが頻繁に活用するSNSはTwitterであり、ベンチャー企業経営者は実名顔出しで発信している方が多いです。過去のつぶやきからその人の人柄と思想がわかるところが◎です。Twitterで発信する経営者は、Twitter上で人材募集をすることがたまにあるのでチェックしてみてください!

私がTwitterで知り合った総合商社から起業された辰巳さんもTwitter上で学生インターン及び正社員を募集しています。

【番外編】就活のためのガクチカ作り

こちらは番外編ですが、就活で話せるネタがない場合、ギャップイヤーでガクチカ作りをすることもありです。その一環で海外留学やベンチャーインターンをする人もいるくらいですからね。

もし、ガクチカ作りのためにギャップイヤーを過ごす場合は、作るガクチカを明確にして下さい。そのための思考の手順は以下の通りです。

  1. どんな種類のガクチカが評価されやすいかを理解する。
  2. その上で、具体的に取り組む分野及び目標とする実績を決める。
  3. 上記で定めた実績を得るために毎日コミット

就活で評価されやすい属性は、体育会・帰国子女(グローバル枠)・営業経験・イケメン及び美女・超高学歴です。

後者2つは今ならどうしようもできないので、前者3つをつけるようにアクションします。どれだけ頑張ったかに説得力をもたせるために、第三者から見ても評価できる実績を作れるように努力してください!

ギャップイヤー(戦略的留年・休学)のすすめ

以上、具体的プランがない方も、少しはギャップイヤーの過ごし方のイメージが沸いてきたのではないでしょうか。

私自身、ギャップイヤーを過ごしてみて本当に良かったと思っています。ギャップイヤーのススメを記事にしたので是非お読みください!
>>>ギャップイヤーのススメ【留年・休学】

人生一度きりです。そして、決めるのは自分自身です。悔いのない選択をしましょう!

York